FC2ブログ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ 『エッチな体験記』

大人のおもちゃの使い方

HOME プロフィール

adult-cafe.jp

Author:adult-cafe.jp
エッチに役立つグッズの紹介やエッチ体験記のお話、気になるエロ動画をご案内したいと思います。

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エッチな体験記7】 お風呂で昇天




いきなりですが、この動画良いな♪
おっぱいといい、潮吹きといい・・
個人的におススメですw





さて、前回の続きです。


彼女のアソコを弄くり続けていると、彼女の息遣いが激しくなると共に

おまんこからイヤらしい汁が垂れてくる

感じているであろう声も段々とボリュームがアップし、風呂場ということもあり音が反響している

隣の部屋には聞こえないのだろうかw


俺がそんなことを考えながら、彼女のおっぱいを吸い始めると

「もう、、ダメ、、入れて・・」と彼女の方から求めてきた

俺のをシゴく彼女の動きも激しさを増している

彼女をバックから挿れる体制に回転させると、自らペニスに向けてお尻を突き出してくる

俺のも挿れる準備は出来ていたが、少しSっ気を出して

「挿れやすいように、自分でおまんこ拡げて」と少し焦らしてみた

彼女は素直に言うことを聞き、前屈みの状態で俺によく見えるようおまんこを自ら拡げる

「スケベだねw 丸見えだしエロイ汁が溢れてるよ」

「だって、いっぱい触るから・・・」と、最初に部屋に入ったときとはちょっと違って羞恥心が感じられる

俺は、黙っておまんこの目線まで屈み、そーっとおまんこを舐めてみた

「ひゃん、、ダメ~、、いれて、おねがい」と懇願してくる

それが、また良かったりするw

俺は再び立ち上がり、彼女の両おっぱいを片手で揉みだし、

わざとペニスがクリトリスあたりにあたるようにペニスの先だけを擦り付ける

「あ、、あん、、はや・・く、、じらさないで」

焦らすなと言われると、焦らしたくなるのが男の性w

擦りつけながら、彼女の背中を舐め始める

「あっ・・」と声と共に、一瞬ビクッと震えたのが分かった

「背中も感じるの?」わざと聞いてみた

「今は、なにされても感じちゃうよぉ・・」

さすがに我慢ができなくなってきた様子で、自らの手で俺のを握り

自分の中へと挿れ始めた


かわいそうなので、彼女が先っぽを入口まで持っていったところで、

彼女の腰に両手を置き、腰を勢いよく前に突き出す

潤滑油たっぷりなこともあり、すんなりと彼女の中へ招待されたw

彼女の方も待っていましたとばかりに、

「おねがい、激しく奥まで突いて・・」と恥ずかしい言葉を平気で吐き出す

要望に応えるため、下から上に思い切り何度も突き上げると

そのたびに、彼女がエッチな声で喘ぐ

「どうしてもらったら、もっと気持ちよくなるのか言ってごらん」と俺。

「おっぱいも触って・・」と彼女。

硬くそり起っている乳首を優しく摘んだり、引っ張ったり、強めに触ったりと彼女の反応を確かめる

「イ・・、いいくっ・・、いっちゃう」

って、そろそろ俺も疲れてきたw

がここは頑張って逝かせてあげるのが男の役目だなと思い、動きのスピードを上げる

この調子で続けると、俺の方も果てるのに時間は掛からない

「やべっ・・、俺も逝きそうだよ」

「あっ、あっ・・、いっちゃう、だめ・・あっ!・・・」

彼女の中の締め付けが強くなった、と同時にビクンと一瞬痙攣した気がした

それとほぼ同時に彼女から自分のペニスを抜き、お尻に先っぽを擦りつけながら射精する

彼女の膝がカクンと折れ、そのままその場に座り込む

放心状態w

俺の方もスッキリしたが、息がかなり切れている

そんな彼女を横目に俺はシャワーの蛇口をひねり、彼女にお湯を掛けてあげる

シャワーのノズルをおまんこへ向けると、「あ・・、いやん・・」と彼女

意識が戻ってきたようだったので、軽くキスをする

すると、両手で強く抱きしめてきた

「さて、じゃあそろそろ上がるか」

この風呂で、今日は一体何回戦目だったろう?


つづく・・・

クリックをおねがいします!


アダルトブログランキングへ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。