FC2ブログ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ 『エッチな体験記』

大人のおもちゃの使い方

HOME プロフィール

adult-cafe.jp

Author:adult-cafe.jp
エッチに役立つグッズの紹介やエッチ体験記のお話、気になるエロ動画をご案内したいと思います。

最新記事 最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ
2013年11月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エッチな体験記9】 お漏らししながら逝く




続きからいっちゃいまーす!


「挿れて良い?」

今回は、俺の方から言ってみた

このまま彼女のご奉仕を受け続けていると、射精してしまうのも時間の問題

というより、もう何度も限界を乗り越えている

射精しそうになるたびに、「ちょっと、タンマ・・」と彼女の動きを止め、

一生懸命に出してしまいたい衝動を抑えてきた

しかし、もうこれ以上は無理

ここで、俺だけ射精してしまうと、今日はホントに眠れなくなってしまう

帰りに彼女を車で送っていくことを考えると、運転のためにも睡眠時間は多少なりとも確保しておきたい

マニアチャンネル

「うん、挿れて♪」

普段であれば、挿れる前に愛撫をしたり、手マンで感じさせたりするべきなのだろうが、

今は、すぐに挿れたかった

ローションだけのせいではないはずの、ヌレヌレ状態のオマンコを軽く指で確認し、

彼女を上向きに寝かせ、正常位の状態にする

彼女の両足を抱え込み、右手でペニスを握り彼女のオマンコの入口を亀頭の感触だけで探す

難なく見つかり、すんなりと彼女の中へ進入できた

「おっ、・・いいな(この入る瞬間w)」

「あ、あん・・、、入っちゃったねw」

「グチョグチョだからねw 俺が触ってないのに何でこんなになってるんだよw」

「だって、気持ち良さそうにしてくれてる顔見てたら私も感じてきちゃってたから」

「マッサージがいつのまにか、エッチなマッサージだけになっちゃうしねw」

「あはっ♪、だって、あんっ・・したかったし・・」

ライブチャット

そんな会話を交わしながら、少し動きを加速したり、

時に動きを緩め、瞬間奥まで思い切り突いたりする

女の子は抜く瞬間も気持ちいと聞いたことがあるので、ペニスのカリの部分を外に出したり入れたりするようにピストンする

抜けた瞬間、「あっ・・」「いぃ~っ、、あ」「い、、いくっ・・・」

と、喘ぎが多くなる

そんな動きをしながら、指でクリトリスも刺激しながら彼女の反応を確かめる

自分も正直出そうで仕方なかったのだが、彼女を逝かせないとこの後寝れなくなる方が恐ろしかったw



ピストンするたびにオマンコからのイヤらしい音がドンドン激しく響いてくる

彼女の方の息も荒く、俺に強く抱きついてくる

俺の背中で指を立て、爪が食い込んでいるのを感じる

「あ、、ダメ、、き・・もち・・ぃ・・」彼女が呟く

ダメなのか、良いのか、、まあ男性なら疑問に思う笑い話として誰しも経験有ると思うが、、

ダメ イコール もっと

ということなんだと勝手に解釈しているw



同じ正常位でも動きを変えながら、Gスポットを刺激しやすいピストンに変える

「あ・・あん、それダメ、、でちゃ・・う」

この返しが欲しくてこの体制をとるのだが、

「なにが、出るの・・?w」白々しくと聞く

「なんか、でちゃ・・い・・・・そぅ」

「おしっこ?w」

「いいよ、、出しちゃいなよ・・」

「ダッダ・・メダ・・よ、、おふ、と・ん、、びちょ・・あっ・・」

「ビチョ・・、ビチョに、、アンッ、、寝れなく・・なっちゃ・うじゃ・・な・い」

「平気だよ、バスタオルでも敷けば良いんじゃないw」

彼女の爪先が更に俺の背中に強く食い込んできた

「ダメっ、、も・・もうイ・・っちゃ・・う」

「俺もでそう、、出すよ・・」

「う・・ん・・わた・・し・・も、ダ・・ダメ・・ッ・・あ・・・アー」

「で・・出る、、出すよ、、おっ、、いく・・」

その瞬間、彼女のオマンコから腰を後ろへ引き、ペニスを抜く

そしてすぐにオマンコとクリトリスにペニスの裏筋を擦りつけながら思い切り射精した

オマンコからもおしっこが出てきたw

自分が全部出し尽くすと、彼女のクリトリスを指で刺激する

股を無防備に広げ、身体をビクビクッと震わせている


つづく・・・


下のバナーのクリックをおねがいします!


アダルトブログランキングへ


アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【エッチな体験記8】 エッチな隠し道具




続きから!


二人ともそれぞれバスタオルで身を包み、彼女の方は化粧台の前の椅子に座り、俺はベッドに座り込む

彼女は胸から下を隠し、俺は腰から下を隠している状態

いつでも出来る体制ではあるが、さすがにしたばかりですぐには元気にならない

俺は缶ビールをあけ、タバコに火をつける

彼女が一口欲しいと言うので手渡ししながら、テレビのリモコンでチャンネルを回す

さすがに深夜のこの時間になると、特に見たい決まった番組があるわけもなく適当なところで止める

すると彼女が、

「マッサージでもしてあげよっか?」と言いながら、俺の側に座り込んでくる

「おっ、良いねw、、良いの?」

「じゃあ、ここにうつ伏せになって」

俺は飲み掛けの缶ビールをベッド横の小テーブルの上に置き、

言われるとおりに、枕に顎を乗せる形でうつ伏せに横になった

「どっか、凝ってるところとか気になるとこあるの?」

「俺は、首とか、肩かなー」

「確かに硬いね・・。遣り甲斐あるかも・・・w」

肩、首、背中、腕と順番に、女性の程よい力加減でマッサージをしてもらいながら、

当然、彼女は俺の背中に跨って座っている

バスタオルの下は何も着けていないわけで、アソコの毛があたるのも感触でよくわかる

まあ、彼女の方もわざとあてているのだろうが、それには敢えてまだこの時点では触れないことにする

もう少し、体力を温存しておきたいw



ていねいに、そして女性としては力強いマッサージがとても心地良く眠くなってくる

このまま寝てしまえたら気持ちが良いのだろうなと自然に瞼が閉じていたと思う

仕事も連日遅いことが多く、普通の人と比べると睡眠時間は極端に少ない部類に入るだろう

疲れは相当蓄積し慢性化していると思うが、そうした人ほど夜の性活が実は強いように感じるw

仕事が出来るほど、男はモテルとよく言われているが、

俺はそれをはじめて聞いたときに、仕事が出来ないとダメだと不純な動機で本気で仕事に取り組み始めた記憶もあるくらいだ

意識が現実と夢の境を行ったり来たりし始めた瞬間、

彼女が俺の腰に巻いていたバスタオルを外し始めた

「まだ、寝ちゃダメ~w」

気付かれていたようだ。

「私一人にして、寝息立て始めてきちゃうんだもんw」

俺が笑ってごまかすと、

「はい、お尻上に上げて」と言われ、彼女にも支えられながら言われるがままに持ち上げる

「お尻舐められるの好きでしょw」と言い終えかけた瞬間、

「おっ・・、やば・・」チョー、キモちぃ~

アナルを舐められながら、ムクムクと反応しだしたペニスもサワサワと触り始める

このダブル攻撃に耐えられる男子はいるのだろうかww

「この睾丸マッサージも良いんでしょぉ~w」と、アナルを舐めたり、

睾丸の付け根周りを親指で圧すようにマッサージをしてくれる

この娘、マジで知り尽くしてるなー

そうとう調教されてきたのか・・w

これだけ気持ちよくされたら、むしろ調教してくれた過去の彼に礼を言いたいくらいだw

彼女の動きが急に止まり、



「ちょっと待ってて♪」何か思いついたように立ち上がり、自分のバッグまでそそくさと移動した

何かを取り出し、俺の目の前まで持ってきた

「これ使う?」

「なにこれ?ローション??」

「そう、会うからと思って持ってきたのw」

「そんなの持ってるんだw やっぱホント、エロだねw」

「だって、メールでやり取りしてるとき凄くエッチだったから、今日は私も思いっきりしたいなと思って♪」

「塗ってあげるね、その方がもっと気持ちいよ、きっと」

彼女の手のひらに垂らし、それをもう一方の手で混ぜている

そして先ほどと同じ格好の俺のアナルに塗り始めた

そのまま、睾丸、ペニスと順番に塗り手繰ってくる

言われるまでもなく、俺のアソコはカチンカチンに反り起ち、

ヌルヌルの状態で彼女の動きもスムーズにスピードが上がり、いつ射精してもおかしくない状態になる

というか、出したい・・・



「気持ちい?」と問いかけてきたが、俺の返事を待たずとも分かっているようだ

「私もつけてみよっ♪」と、両足を広げ自分のオマンコに塗り始めた

次に、おっぱいにも塗り始める

「はい、今度は上向きに寝て♪」

言われる通りにして上向きになると、俺に覆いかぶさってきた

ヌルヌルのおっぱいでマッサージをしてくれているようだ

そして、ヌルヌルのオマンコを俺のペニスがあたるように擦すってくる

これは、癖になるかもな・・・と一人頭の中でニヤつくw

まるで、どこかのマットヘルスにでも来た気分だった

そんな動作を繰り返しながら、彼女は俺の乳首を舐めたり、ヌルヌルになったペニスを扱いたりと

これでもかというほどご奉仕してくれたw

俺はこのままマグロ状態でよいのかと頭を過ぎったが、

彼女のエロの本性を出し尽くしてあげないと、

きっと満足できずに、ストレスが取れないまま別れることになるだろうと思い、

もうしばらく彼女に主導権を預けておくことにした



気が付くと彼女の顔が俺のペニス付近まで降りていき、今度はフェラを始めてくれるようだ

ここまでしてくれる女性は稀じゃないのか?w

少なくとも俺は、それほど多くは知らない

付き合っている本命の彼女もエッチに凄く愛情を感じ、いつも俺を良くしてくれる

まあ、大抵は受身の女の子が多いだろうし、他の人はどうなんだろうかw

「あっ・・」

彼女が俺のペニスを咥えてくれた瞬間に思わず声が漏れてしまった

ローションのヌルヌル感がより一層気持ちよさを増加させ、アナルも同時に攻めてくれる

彼女と会ってから、もう何度か射精してその都度スッキリしているが、

その瞬間がまた間近にまで襲い始めていた


続きは次回へ


よろしければ、下のボタンのクリックをお願いします!


アダルトブログランキングへ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!

【エッチな体験記7】 お風呂で昇天




いきなりですが、この動画良いな♪
おっぱいといい、潮吹きといい・・
個人的におススメですw





さて、前回の続きです。


彼女のアソコを弄くり続けていると、彼女の息遣いが激しくなると共に

おまんこからイヤらしい汁が垂れてくる

感じているであろう声も段々とボリュームがアップし、風呂場ということもあり音が反響している

隣の部屋には聞こえないのだろうかw


俺がそんなことを考えながら、彼女のおっぱいを吸い始めると

「もう、、ダメ、、入れて・・」と彼女の方から求めてきた

俺のをシゴく彼女の動きも激しさを増している

彼女をバックから挿れる体制に回転させると、自らペニスに向けてお尻を突き出してくる

俺のも挿れる準備は出来ていたが、少しSっ気を出して

「挿れやすいように、自分でおまんこ拡げて」と少し焦らしてみた

彼女は素直に言うことを聞き、前屈みの状態で俺によく見えるようおまんこを自ら拡げる

「スケベだねw 丸見えだしエロイ汁が溢れてるよ」

「だって、いっぱい触るから・・・」と、最初に部屋に入ったときとはちょっと違って羞恥心が感じられる

俺は、黙っておまんこの目線まで屈み、そーっとおまんこを舐めてみた

「ひゃん、、ダメ~、、いれて、おねがい」と懇願してくる

それが、また良かったりするw

俺は再び立ち上がり、彼女の両おっぱいを片手で揉みだし、

わざとペニスがクリトリスあたりにあたるようにペニスの先だけを擦り付ける

「あ、、あん、、はや・・く、、じらさないで」

焦らすなと言われると、焦らしたくなるのが男の性w

擦りつけながら、彼女の背中を舐め始める

「あっ・・」と声と共に、一瞬ビクッと震えたのが分かった

「背中も感じるの?」わざと聞いてみた

「今は、なにされても感じちゃうよぉ・・」

さすがに我慢ができなくなってきた様子で、自らの手で俺のを握り

自分の中へと挿れ始めた


かわいそうなので、彼女が先っぽを入口まで持っていったところで、

彼女の腰に両手を置き、腰を勢いよく前に突き出す

潤滑油たっぷりなこともあり、すんなりと彼女の中へ招待されたw

彼女の方も待っていましたとばかりに、

「おねがい、激しく奥まで突いて・・」と恥ずかしい言葉を平気で吐き出す

要望に応えるため、下から上に思い切り何度も突き上げると

そのたびに、彼女がエッチな声で喘ぐ

「どうしてもらったら、もっと気持ちよくなるのか言ってごらん」と俺。

「おっぱいも触って・・」と彼女。

硬くそり起っている乳首を優しく摘んだり、引っ張ったり、強めに触ったりと彼女の反応を確かめる

「イ・・、いいくっ・・、いっちゃう」

って、そろそろ俺も疲れてきたw

がここは頑張って逝かせてあげるのが男の役目だなと思い、動きのスピードを上げる

この調子で続けると、俺の方も果てるのに時間は掛からない

「やべっ・・、俺も逝きそうだよ」

「あっ、あっ・・、いっちゃう、だめ・・あっ!・・・」

彼女の中の締め付けが強くなった、と同時にビクンと一瞬痙攣した気がした

それとほぼ同時に彼女から自分のペニスを抜き、お尻に先っぽを擦りつけながら射精する

彼女の膝がカクンと折れ、そのままその場に座り込む

放心状態w

俺の方もスッキリしたが、息がかなり切れている

そんな彼女を横目に俺はシャワーの蛇口をひねり、彼女にお湯を掛けてあげる

シャワーのノズルをおまんこへ向けると、「あ・・、いやん・・」と彼女

意識が戻ってきたようだったので、軽くキスをする

すると、両手で強く抱きしめてきた

「さて、じゃあそろそろ上がるか」

この風呂で、今日は一体何回戦目だったろう?


つづく・・・

クリックをおねがいします!


アダルトブログランキングへ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!

【エッチな体験記6】 お風呂でのお・も・て・な・し・♪





前回の続きです。


彼女に呼ばれて、

「俺は良いけどさ、狭いんじゃない?」

「密着できるんだから良いんじゃないw」と。。

「じゃあ、すぐに脱いで行くよ」

「は~い、待ってるね~♪」

素人動画

今更ながらちょっとドキドキしながら、ドアをそーっと開ける

「お待たせw」

「ニコニコして、何か期待してるの?w」と彼女。

「いや、別に・・、なんか照れくさいねw」

「電気消して、恥ずかしいから・・・」と、冗談で言ってみる

「あはっ、バカじゃないのw」と彼女の返し。

軽い夫婦漫才のようだ。

AVステーション

彼女のいるバスタブの中に一緒に入り、俺にシャワーを掛けてくれる。

首筋から胸、脇の下に手が回り、腹と順序良く手のひらで擦りながらシャワーの湯を流す。

腹まで彼女の手が触れると、アソコがキュンと触られるのを期待して待っている気がする。

その期待に応えて彼女の手が、俺のアソコを優しくシャワーの湯と共に触り始める。

「あっ・・・」と自然に口から声が漏れる。

「かわいいw、気持ちい?」彼女が聞いてくる。

俺は何も言わずに頷く。

俺のペニス、亀頭、玉袋、と俺が気持ちよがっているのを楽しんでいるかのように

洗う場所が下半身に集中し始めた。

「大きくなっちゃったねw」

「そりゃ、そんなに触られたら・・ねw」

彼女はシャワーを止め、ボディーソープを手に取る。

手のひらで泡を作り、俺の首筋から先ほどと同じ順番で俺の体を洗い始めた。

腹まで来ると、「いよいよ・・♪」と期待して待っていると、

「はい、後ろ向いて」

アソコは後に回すようだw

背中を洗いながら、

「男の人なんだね~」と。。

発言の意味が分からずにいると、「男らしい背中してるもん、やっぱ」

俺は一体、どのように見られていたのか・・・

背中からお尻に手が下がり、アナルも優しく洗ってくれる

実は、ここが一番ヤバかったりするw

あ、触られるのがね、、その気は無いので入れられたりするのは当然ダメだし、ここだけは一生童貞でいるつもりですw

俺がアナルを触られた瞬間、フニャッと倒れそうになり壁に手を付くと、

見つけたとばかりに、俺の弱い箇所に集中し始める

このアナルから玉袋、そしてそこからペニス、先っぽへと順番に繰り返しながらサワサワと泡の付いた手を滑らせる

正直、これはヤバイw

マジで気持ちが良いです♪

彼女は俺が感じるのを見て楽しんでいるようだったが、

「で・・、出ちゃうよ・・・結構・・、限界まで来てるかもw」

と言うと、

「口でしてあげようか♪ 好きだもんねw」と、

最後まで言い終わらないうちに、

湯船の中で膝立ちになり、俺の片足を湯船の手すりの上に移動させ、

舐めやすい体制を作り始める

彼女の指が俺のペニスの竿の部分を持ち上げ、玉袋を舐め始める

シャワーで洗い流していない状態ではあったが、流してからと声をかける余裕は持ち合わせていなかった

彼女にされるがままの状態で、至福のときを最大限に感じていた。

玉の方からペニスの裏筋、亀頭と舐め上げ、カリの周りを指先でなぞったりと、

相当の経験を積んでいるなと、やられているこの状態で思う

そして、俺のをパクッと咥えた瞬間、彼女の口の中の温かさ、絡みつく舌の感覚、

時に強く吸い上げたりと、口と手ででピストンが始まった

石鹸の泡と彼女の唾液が合わさり、イヤらしい音が風呂場に響いていた

同時に空いている片方の手で、アナルも刺激し始める

挿れている最中であれば、こちらでの動きで射精のコントロールも出来るが、

もう、その場の俺にそんな余裕など微塵もなく、

「で・・、出る・・・、いい?」

彼女と眼が合い、いつでもどうぞと無言でOKの合図を受け取る

瞬間、

「うっ・・」

彼女の口の中で果てた

同人ダウンロード

何度もビクッビクッと動き、その間も彼女の口の動きは止まったが、手で俺のペニスをシゴいてくれている

俺が全部出し切ったのが分かると、口の中から精液が漏れ出さないようにペニスから外す

その状態で立ち上がり、自分の右手の手のひらを萎めそこへ口の中のものを出し始めた

「いっぱい、出たねーw」

彼女はシャワーの蛇口をひねり、それをお湯で洗い流す

そしてそのままシャワーのお湯で俺のペニスを洗い流しはじめ

俺は、そのときのサワサワ感にも感じながら、体全体を綺麗にしてもらった

ほとんど、マグロ状態ではあったが、これはマジで良いw

こういう、尽くしてくれるタイプの女の子は、ホント良いなと思う



彼女からシャワーを受け取り、冷え切った彼女にシャワーを掛けてあげる

夏とはいえ、ずっと裸の時間が続いていたし、特に女性は冷やしちゃいけないよね

と冷静を取り戻し始めた、俺

体は先に洗っただろうから、ピンポイントの部分だけお湯で流しながらサワサワすする

彼女の眼が虚ろになり、徐々に感じ始めているのが分かった

胸のふくらみを下から優しく揉み上げ、指先で乳首と乳輪をかするように触る

親指と人差し指で乳首を摘んだりもしながら、片方の手は下半身へと向かわせる

その空いた片方の乳首を口で吸い付いたり、舌で転がしたりする

彼女の息遣いも段々と荒くなり始め、案の定おまんこはヌルヌルになっていた


続きは次回!乞うご期待ということで♪


アダルトブログランキングへ


アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!


テコキ、フェラシリーズのおススメ動画はこちら

【エッチな体験記5】 デートの時の食事



前回の続きいきます!


「そろそろ、腹減ったでしょ?」

俺が尋ねると、

「うん♪」

「なんか外に食べに行こうよ。リクエストある?」

「わたし、嫌いなものないから適当に探してみよう」

と言った彼女に同意し、二人して服を着だし始める。



準備が整い、ホテルの外に出る。

季節は夏。

生暖かい風が軽く吹いていて、なんか久しぶりに外の空気を吸った気がして新鮮だった。

セックスもして充実感があったのかもしれないw

どっちへ進もうかと左右をキョロキョロしていると、スッと彼女の腕が俺の左腕に絡んできた。

「こっちに行ってみよ♪」

そういった彼女に引っ張られるまま歩き出した。

他愛の無い話やお互いの過去のセックス遍歴など話しながら、しばらく歩いていると、

いくつかの食事ができそうな店が立ち並ぶエリアに出る

「ここにしよっ!」

彼女が突然、組んでいた俺の腕を引っ張り居酒屋風の店に入った。

今日はこのまま泊まりだし、アルコール飲んでも大丈夫だな。



店員に指示され、適当に席に着く。

「さて、俺メニューとか見るの苦手だから適当に食べたいの選んでよ」と言うと、

さっそく、「すみませーーん」と店員に頼み始めた。

でも考えてみれば、会う前のメールでのやり取りはあったにしても、数時間前に初めて出会った二人。

なんか不思議な感じはあったが、それほど違和感は感じなかった。

少しすると、ビールとカクテル系のドリンクがテーブルに置かれた。

彼女がカクテルを手に取り、「はい♪」と俺の眼をじっと見る。

俺もビールのグラスを手に取る。

「かんぱ~い♪」と、グラスをぶつける。

料理も少しずつテーブルを埋め始め、結構な量の皿が並んだ。

俺は正直余り食べない方で少食の部類に入るのかもしれないが、彼女の方は全くの逆のようだ。

別に太っているわけでもなく、かと言って細すぎることもなく多少ポッチャリ系か。

俺は、細身よりもポッチャリ形で胸の大きいのが好きだったりする。

彼女の食べる量には驚かされたが、何でも好き嫌いなく食べてもらえる方が見ていて気持ちが良いし、むしろ好きだったりもする。

「ねぇ、ねぇ、アソコは痛くない?」

「あー、切れたとこね。全然、大丈夫だよw」

「じゃあ、ホテル戻ったらまたいっぱい出来るね♪」

アソコの心配よりも、俺は体力の方が心配だよと、心の中で呟きながら

「ホント、エロイねw」と返す。

「だって、好きなんだもん♪」

「エッチが?、それとも俺のこと?w」と聞くと、

「どっちも♪」

らしい。。w



満足し、ホテルへ戻ってきた。

「シャワー浴びてくれば、先に」と俺が言うと、

「そうする」

と言って、部屋で服を脱ぎ始めシャワー室へと向かった。

その隙に、バイブにしていた携帯のメールチェックをする。


当時、付き合っていた彼女もいて、その他にも別に2人ほど同じような関係の女性がいた。

本命の彼女とはケンカ中で、ここ暫くは会っていなかった。

その彼女からメールが届いていることを、心のどこかで期待してのメールチェックだったのだが、

残念ながら届いていなかった。

まあ、俺と一緒で頑固なところがあるからな、と自分で自分に言い聞かせ、

続けて仕事のメールもチェックする。

特に今すぐどうこうする必要なものは無かったので、テレビのチャンネルを取り上げ電源を入れる。

ラブホテルではなかったので、エッチな番組は無い。

まあ、別に見たいわけではないが、なぜだかホテルに泊まると自然にチャンネルを止めてしまうのは俺だけかw

時間も深夜12時に近付き、適当なチャンネルで止め付けたままにする。

ここがラブホなら、一緒にお風呂に入るところだが、今日は普通のホテル。

俺の苦手とするユニットバスだ。

広いお風呂でゆっくりと湯船に浸かるのが好きなのだが、まあ仕方が無い。


ベッドに横になりながら、タバコに火をつけテレビを見ていると、

風呂場のドアが開き、顔だけ出している彼女が俺を呼んだ。

「洗ってあげるから、服脱いで入ってきて♪」



続きはまた後ほど!

よろしければ、下のボタンのクリックをお願いします!


アダルトブログランキングへ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!


お風呂つながりでおススメ動画はこちら!

【エッチな体験記4】 フェラチオ



前回の続きいきます!


どれ位眠ったのか・・・

下半身に違和感を感じ目を覚ます

違和感というより、夢の中でもセックスをしている気持ち良さで目を覚ました気がする

半分寝ぼけた状態で、自分の下半身へ眼やると彼女がおいしそうに俺のを咥えたり舐めたりしている



起しちゃった?w

と俺に笑顔を投げかける

どうりでエッチな気分で目覚めるわけだ

なんか気持ちが良いから起きちゃったよw

俺も笑って答える

だって、私だけ気持ち良くなって寝ちゃったでしょ

だから、気持ち良くしてあげたいなって思って・・・

ねぇねぇ、こっちも起きてきたよw

どれ位の時間口でしてくれていたかは分からないが、口でされるのが好きな俺のが、そんなにされて反応しないわけが無い

大きくなったから入れても良い?

俺が答える前に彼女は俺に跨り、挿れる体制を取り始める

時計を見ると20時半をまわっていた

一回戦したら晩飯でも行くかと思い、良いよと返事をする

どうもこの娘は、騎乗位が好きらしい

俺の先っぽを自分の愛液で湿らせてから、スルッと入った

入った瞬間、

「あっ・・、いい」と小声が響く

俺も声こそ出さなかったが、入る瞬間がホントに好きだ

入った瞬間の生暖かさと締め付けられる感じ

そして、俺のに絡み付いてくるヌルッとしたヒダ

アダルト動画、ライブチャットなどの総合サイト

彼女が腰を上下に動き出す

自分の良いところに持っていきたいようだった

黙って眺めていると、気持ちぃ?・・と

俺に尋ねてきたのか、自分が良いのか、、


寝起きなのにビンビンに元気な俺のを吐き出したい気分になり、

彼女の腰に両手を回し、彼女に思い切り突き上げる

突き上げた瞬間、

「きゃんっ、あっ、、だめ」

「そんなにされたら・・・、アッ」

俺はそんな彼女を無視して、何度も突き上げる

そして段々と、彼女の息遣いも荒くなり、アソコの締め付けもきつくなってきた

このままではすぐに果ててしまうと思い、一旦動きを止め体位を変える

彼女を横に寝かせ、側位に変更



そういえば、この体位が好きな女もいたなと思い出す

目の前に抱いている女がいるというのに、違う女のことを考えるのが果たして不謹慎なのか

まあ、黙っていれば分からないことw

この話は、また別の機会でしよう


彼女の片足を持ち上げる形で、再び俺が手動で動き出す

この体位は、アソコ同士の密着感を凄く感じる

そうした意味では、奥まで入る感覚もあり嫌いではない体位だ

奥へと強く入れると、彼女も強く反応する

女性は気持ちが良いのだろうか?

それに応えるかのように

「いっちゃう・・ぅよっ、、あっ、、いい」

「もっと、激しくして・・」と

ホントにこの娘は、エロイなと思いながら、ご要望にお応えする

「逝き・たくなっ・たら、中・に出してねっ」

と、動きに合わせ途切れながら、よっぽど中に欲しいらしい

出したい気持ちも強くあるのだが、そこだけはどうしても譲れない自分もいた



おそらく、この調子だと今晩は一晩中求められるだろうから、

体力温存のためにも、そろそろフィニッシュしておくか・・


抜かずに彼女の足をベッドへ下ろし、正常位に切り替える

そして再び、彼女の両足を抱え腰を動かす

「きもちぃ~・・よぉ・・、あん」

そっか、そっかと思いながら、本気で出したくなってくる

「そろそろ、逝くよ」

「出してっ!」

発射する寸前で、彼女のアソコから自分のを抜く

「うっ、はぁ~」

「あ、、あ、、、あ、アン」

彼女の入口付近から腹へと向かって俺のが飛び散った

出し切った俺は、彼女の横へ倒れこむ

飛び散った精子を自分の指でなぞりながら、「中に出さなかったの?」と聞いてくる

息を切らしながら、

「出したいけどさ、出来ちゃったら大変じゃんw」と誤魔化し笑いをしながら返す

それにはわざと聞こえない振りなのか、ティッシュケースからティッシュを取り出し

自分の上の俺の精子をふき取っている

そしてすぐに、俺のを咥えお掃除してくれた

最高に気持ちが良い

俺が、咥えられた瞬間「あっ」と声を漏らすと、

「出したのに気持ちいんだね」と、役目を果たし萎みかかっている俺のを強く咥え笑っている

「まだ、出る?」

「出そうなら口でしてあげるよ、口の中なら出せるでしょ?」

「いや、大丈夫、、今出しすぎちゃうと後で困るでしょ?w」

「そうだねwじゃあ、このへんで・・・」

彼女は、ティッシュを数枚取り出し、俺のを丁寧に拭いてくれた


次回へつづく

おもしろいと思えたら、下のバナーのクリックお願いします!

アダルトブログランキングへ


今回のおススメフェラ動画



アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!

【エッチな体験記3】 潮吹きは、コントロールできる?

さて、前回の続きから

彼女の愛情を感じるフェラから、また元気になり始めた俺・・のジュニア

俺も良くしてあげないとなと思い、

俺にも舐めさせてと声をかける

彼女は、にこっと微笑み、自分の下半身を俺の顔の方へ向きを変える

彼女の手は俺のを握ったままだ

向きを変えるのが落ち着くと、またフェラを開始する

エロイ女はフェラがうまい

フェラのうまい女は、セックスにも愛情を強く感じるのは俺だけだろうか

アダルトアニメ動画

俺の今までの経験上、

フェラを嫌う女は、フェラをされても余り気持ち良さを感じないし、

セックスへのモチベーションも大きく下がる

フェラを嫌う女は自分勝手、相手を思い遣る気持ちが少ないように感じている

だから、フェラを嫌う女とは余り長続きした覚えが無い

まあ、俺個人的なことかもしれないがw


シックスナインの体制で、彼女のアソコを舐め始める

軽くひと舐めした瞬間、彼女がビクンッ動き、

「アッ・・」

と声が漏れる

その反応に俺のアソコも更に反応する

こうなると、今度はこちらが主導権を握り攻め始めてあげないといけない

クリトリスに集中し、俺の舌を細かく這わせる

時に強く吸ったり、同時に指を中に入れ彼女の良い場所を探す

次第に彼女の方がフェラに集中できなくなってきた

気持ち良さが強くなってきているのがわかる

素人動画

こっちにおいで

と呼び寄せ、腕枕の状態でキスをする

その状態で、俺の二本の指を使って彼女のアソコを徐々に激しくピストンさせた

首筋から乳首へとキスを移動し、益々息が荒くなってくる


ふと、思ったことがあり話しかける俺

ねえ、潮吹いたことある?

すぐに、「内緒w」と返ってくる

常習なのか、コントロールできるほどのテクニックの持ち主なのか

後者と見るw

吹かしてみて良い?と聞くと

両足を抱え込んだ状態から股を広げ始め、

無言の「して♪」という声が脳裏に聞こえてきた


潮吹かせるのも、それを見るのも男としては良いものじゃないでしょうかw

少しでも満足させてあげることができた気がします

男は、逝ったときに精子が飛び出るから分かりやすいが、女性はなかなか難しい

まあ、慣れている男性なら違うのだろうが、

数こそこなしているとは思うが、俺はそれほどテクニシャンでもないし、

本当は、Mよりw

気持ち良くするというより、気持ち良くして欲しい派

だから、風俗に行く時も、受身のヘルス系が多かったりする

実際は、そうはいかないから風俗でカバーしてたと言った方が良いのかw

素人ガールズコレクション

徐々に激しく指を動かし、腕全体での動きへと変えていく

徐々に彼女のアソコからの

「ぴちゃ、くちゅ」から「ビチョ、グチュ」と音が変化し、

あと少しで吹き出すまできたのがわかる

アソコの中にも愛液なのか、オシッコなのか随分と溜まっている

これは、相当出るな・・・

であれば、思い切り吹かせてやりたい

彼女を膝立ちにさせ、動きを続ける

「アッ・・、あっ、出ちゃう・・」

そう言ったかと思うと、たちまちアソコから流れ出てくる

胸を突き出し、俺の顔に乳首をあててくる

舐めてという合図なのだろうか

動かすのを止めずに、ご要望通りに乳首を舐めたり、軽く噛んだりする

出し切ったのか、しばらくすると元いた場所に倒れこんだ


気持ちよかった?

俺が聞くと、激しいキスを返してくる

唇を離すと、

凄かった♪

と。。

良かったようだw


まあ、俺も少しは頑張ったかなと自己満足したら急に眠気も襲ってきて、

ちょっと寝ようか?、と聞く

俺も彼女の横に横になると、俺の腕を枕にして抱きついてくる

窓の外を見ると薄暗くなり始めていたので、夕方6時か7時頃だったのだろうか・・・

続きは次回へ


よろしければ、下のボタンのクリックをお願いします!


アダルトブログランキングへ

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!

おススメの潮吹き動画はこちら!

【エッチな体験記2】 男が惚れる瞬間

前回の続きから


彼女は俺のを掴み、気持ちの良いところへと自ら誘導する

見る間でもなく、彼女のアソコは愛液でグッショリだ

前戯なんかしなくても、いつでも入れて状態

そりゃ、自分で股を広げてオナニー始めてしまうくらいだから

放置プレイしている間に準備は整ったのだろうw

アダルト電子写真集

まあ、俺のも元気になっていたことだし、彼女の誘導に身を委ねていた

俺の先っぽが、彼女の入口に差し掛かったとき、

針に刺されたような痛みが走った

その時は、何でもないだろうと気にせず行為を続ける

俺が腰を振るというより、彼女はバックの体制にもかかわらず

激しくピストン運動をしてくれる

言ったことは何でも聞くし、相当のドMだな

しばらくして、体位を変えようと自分のを一旦抜こうとペニスを触ると

ヌルッとした感覚を指で感じる

相当濡れてるな

と思いながら、その様子を確かめようと自分の手を見て愕然とした

血だらけ

なに、今日生理なの?

俺は尋ねた

違うよ~

と彼女からの返事

だってさ、血だらけだよ、、と俺

と言いながら、ハッとする

さっきの痛みの原因はこれか

今になって気づく

彼女の爪が俺の大事なムスコを傷つけたことに

女性の皆さん、ちゃんと爪のお手入れはしてくださいねw

付け爪もちゃんと取った方が良いですよ、エッチの時には

男ノ頂 アダルトオンラインゲーム

ここで、一旦休戦

まあ、傷自体はたいしたことは無かったが、

血液が集まってくるところだから、勃起するほど出血が酷くなるわけです

その様子を見た彼女は、ティッシュで優しく拭き取り、

その後に口で消毒をしてくれた

途中でやめたもんだから、悶々とした状態は続いているのがよく分かった

がしかし、出血が治まるまでは一時休戦したい、、ちょっと戦意喪失気味に

タバコに火をつけ、ちょっと待ってねと彼女に伝える

椅子に腰をかけ、テレビをつける

彼女は、俺が座る椅子の前に腰を下ろし、

俺のをジーーーっと眺めている

痛い? と彼女

いや、全然、と俺

すぐに出血は治まり、彼女はすぐにでも再戦したい模様がイヤでも伝わってくるw

椅子に腰掛け、俺がタバコを吸っている間にも

痛い?と心配してくれながら、舐めてあげるねと

ペロペロと舐め続けていた

タバコを2本ほど吸い、缶ビールも飲み干す

そろそろ相手をしてあげないと可哀想かなと思い、

ようやく思い腰を上げた俺に、彼女に笑顔が戻る

エスワン ch

今度は、ベッドでしようか

うん♪

と言いながら、そそくさとベッドへ向かう

俺が横になると、すぐに俺のを咥え始めた

今度は舐めるというより、逝かせる気かというほどの激しいフェラに変わった

一気に元気になる

それを察したのか、入れていい?と聞いてくる

良いよ、と俺

俺の上に跨り、今度は慎重に、そして優しく俺のを掴み

自分の膣中へと導いた

この入れる瞬間、ホント気持ちいと思うw

彼女が自分の好きなように動きながら、

出したくなったら、中に出して良いからね、と一言

むしろ、出して欲しいと言う

中に出すのは俺も好きだし、いつもなら躊躇せずに抜かずの五連発くらい逝くところだが、

まだ、彼女というよりはセフレに近い状態

万が一・・・、となった場合間違いなく一緒になって欲しいというタイプ

申し訳ないが、そこまで考えられる相手ではなかった

だから、そこは一生懸命に我慢

騎乗位で彼女が満足した瞬間、自分のを抜く

それを見て、ゆっくりと気持ち良さに浸っていれば良いのに

俺のを咥えながら、気持ちよくなかった?と尋ねてくる

アダルト1円動画

すごく、気持ちよかったよ♪

でも逝かなかったじゃん

逝ったのを見たかったからさw

じゃあ、お口で逝かせてあげるねと

フェラの激しさが増した

相当我慢してたのもあり、そんなに激しくされたら果てるのは早かった

彼女が口の中で出して良いよというので、

遠慮なく、思い切り出してしまった

最高に気持ちが良い♪

自分のがいつまでも、ビクンビクンとしながら大量に出ているのも彼女が咥えている仕草でよく分かった

いろいろな申し訳なさから、ティッシュを準備すると

飲んじゃった♪えへっ と笑顔

大抵の男は、感動の余り抱きしめたくなるんじゃないかなw

嫌な顔ひとつせず、大量に口に含んだ精子を一滴残らず飲み干す

俺のこと好きでいてくれてるんだなと、強く感じる瞬間

そのあとも、綺麗にしてあげるねと、お掃除フェラを続け

くすぐったさから、またムクムクと元気になり始めてしまった

我ながら若いな、俺  と思った瞬間w



長くなったので、続きはまた今度!


アダルトブログランキングへ

おススメ動画はこちら


媚薬、仕入れ、掲載準備中!

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!

【エッチな体験記1】 男性心理

実際に目の前でオシッコしてみて、とお願いしてみても

恥ずかしがって、絶対にイヤだ

という女の子にもっとエッチなことをしてみたい

そんな男性心理♪


むかし、出会い系であった女性のことを思い出します

会う前からエッチ形の話ばかりしていたので、初めて会ったその時は二人ともやる気満々w

当然、お泊り前提でホテルも予約済み

チェックインできる一番早い時間にホテルに到着し、そそくさと部屋に入る

でも、意外にすぐには行動を起さない俺

部屋に入ると、どうもマッタリしてしまって、テレビをつけてタバコに火をつけるのが日常

相手の方は拍子抜けしてしまうのかもしれないが、

その時は違った

やる気満々w

俺がタバコを吸いながらテレビを見ていると、

俺のアソコを触ってきだした

ズボンのチャックを下ろし始め、口に咥え始める

ペロペロと亀頭を舐めたり、音を立ててしゃぶり始めたりした

が、なぜだかその時はまだすぐにはする気になれず、

タバコ吸い終わるまで、一人でしててと頼む

「オナニーしてるところ見せてよ」と


素直に従い、すぐに裸になりベッドの上で股を広げ、アソコをパックリと拡げ

俺に見える?とアソコに指を入れながら聞いてきた

言われるまでもなく、ハッキリと丸見えである

すでに少し濡れているのもわかった

光で反射してか、アソコに潤いを見て取れた

エロイ女は嫌いではないが、恥ずかしさを持ち合わせているところに感じるのが男(俺だけ?w)

堂々とされたことに、いまいちやる気が・・・

がしかし、タバコも吸い終わり俺が黙って眺めていると、


さすがに我慢の限界が来たのか、、すかさず俺のを脱がし始め

ズボンとパンツを急いで下ろし、すぐに咥えてくる

このエロさは、凄いなと感じたw

まあ、もともとメールでのやり取りではお互い顔写真も見せ合っていたので、

嫌いな顔ではないし、お互い惹かれあったのも確か

徐々に、俺のも元気になり始め(まあ、相当口でしてくれたのでww)、

それを確認すると、後ろから入れてと

机に両手を置き、お尻を突き出してくる

それだけに留まらず、手で俺のを自分のアソコへと急いで持っていく

相当欲しくて仕方なかったのか・・


長くなったので、続きはまた今度ということでv

今日のおススメ オシッコ動画はこちら


アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトもよろしくお願いします!!


アダルトブログランキングへ

トイレで失禁オナニー、、女性だって我慢できなるときもあるよね

男のオナニーは当たり前

2~3日に一回程度は平均でしているらしい

でも、SEXしないでオナニーばかりしていると、早漏になってしまうとか。。

やり過ぎ注意ですw


オナニーと聞くと、今までは男性の代名詞のようなところがありましたが、

最近は女性もかなりしているらしい、、そんなことをよく耳にします

付き合ってきた女でもオナニー好きの奴はわかります

問い詰めると、大抵頻繁にしています

それを俺に告知した後には、触り方についても

こうして欲しい、ああして欲しいと注文も多くなりますww

たまたまかなww


おもちゃを覚えさせてしまうと、オナニー好きになってしまうかも

でも、おもちゃの使いすぎでペニスで感じなくなるのも困るので、きちんとした使い方で!!w


オナニーして失禁動画♪

トイレで失禁オナニー


この動画が良いと思えた方は「拍手」ボタンをクリックしてくださいね♪


男性用、女性用、オナニー道具揃えているところです!!

こんな大人のおもちゃを入荷して欲しい等のご要望もお気軽にコメントください!!

アダルトグッズ販売サイトのアダルトカフェ」サイトで入荷次第お知らせします!

こちらの動画もおススメ



アダルトブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。